1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: 目くじら

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

3日ぶりに歩いたわ。
 相変わらず、自転車と疎遠な日々が続いており、そのうっぷんを晴らすべく、歩いている。
最近はノルディックウオーキングを始め、2本のポールを持って歩いていることはすでに書い
た。そして、こればすこぶる良さそうということも。

 が、ここ3日間、用事と天候の折り合いが悪く、歩きにさえ出られなかった。カラダがウズ
ウズしてくるのが分かった。これはきっと、良い意味での中毒症状だろう。1日は24時間。そ
の24分の1を運動に捧げようと決めて以来、1週間に5回は歩いていたから、3日間の空白は
かなり大きい。

 しかし、願いが通じたか、今朝はよい天気だ。雲はあるが雨の心配はないと天気予報は言っ
ている。で、ポールを持っていつものコースに出た。風が気持ちいい。筋肉の(小さな)悲鳴
を心地よく聴きながら、歩く。ひたすら、歩く。汗ばんでくると並行して、頭が空っぽになっ
てくる。先日、「自転車で走るのはどんな気持ちか?」と問われたので「うさぎ」と答えたの
だが、この歩行は「りす」とでも言おうか(誰だ?可愛すぎるなんていうのは?)。路上に落
ちたどんぐりの実を蹴散らしながらの5周は本当に気持ちいい。そして、恒例のラジオ体操。
スマホに落としたあのメロディーに乗って、ゆっくりと筋肉を動かす。帰ればシャワーが待っ
ている。

 こうして今日の運動が終えた。リフレッシュしてデスクに向かい、今週の予定を見渡す。明
日は参議院議員会館で取材がある。金曜日には市民大学の講座を運営し、土曜日はさいたま市
で開催されるツール・ド・フランスの観戦だ。台風27号と28号がそれてくれればよいのだが…。
晩秋のある日のひととき。
※歩いているとどんどん雲が湧き出てきた。手前はNHKのBSアンテナ。建物の後方にもう
3基ある。
anntena

 
スポンサーサイト

09

Category: 目くじら

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

そりゃ、いかんやろ!
Go!Go!あらいぐま。   通巻548号   2013年10月6日発行

 これは目くじら立てたいんや!そりゃワシも聖人じゃないんもんで、通行人
のいない交差点を赤信号でも渡ったりはするんや。でも、それ以外のルールは
ほぼ完ぺきに守っとる。左側通行は当然やし、傘はささずにポンチョ着るし、
音楽なんか聞かへんし、ライトだって2本を常備しとる。なんでか?自転車は
弱い乗り物ということを深く認識しとるからやな。要するに自己防衛せにゃあ
かんちゅうこっちゃ。しか~し、先日、やってしまったんや!自転車との衝突!
こんな具合やった。

 その晩、昔の仲間との呑み会があった。気持ちよく飲んで、歌って、いい気
分で電車に乗って最寄り駅まで帰ってきた。そこからは自転車や。飲酒運転に
あたるかも知れんが、そんな時は表通りを走らず、裏道をゆっくりと走ること
にしている。その晩もそうやった。

 鼻歌歌いながら走っているとや、突然、左の路地から自転車が飛び出してき
た!ライトもつけない、真っ黒な物体やった。「エーッ!」と叫びながらブレ
ーキをかけたんやが遅かった。そして、その自転車の側面に衝突してしもた。
その自転車もブレーキかけたんやな、きっと。2台の自転車は超低速でぶつか
った。そして、2台とも倒れた。気付けば相手は女の子や。OLやろな。で、
言うたった「飛び出しちゃダメだろう!ライトもつけていないじゃないか!」
が返事はなく、起き上がろうとしている。違反は相手だと思いつつも、相手は
女の子だ。「大丈夫かな?」と訊いたが、相変わらず返事がない。なんや、こ
いつ・・・と思いつつ相手を見やれば耳にはしっかりイヤホンが刺さってる。
要するに、こんつにはおいらの声は聞こえていないんや、と分かった。で、そ
れ以上かかわるのがあほらしゅうなって、放って、帰ってきた。

 しかし、こんな自転車は少なくないと思う。早朝のウオーキングの際、通り
かかる自転車を見ているとほぼ100%イヤホン着用や。車が少ないのをよいこ
とに見事に信号は無視や(あっ、ここはワシも大きな声では言えないんやった)。

 高齢社会になって、道路に現れるものが多様化している。電動車いす。高齢
者のふらふら自転車・・・これらがうまく折り合いをつけながら同じ道路を利
用しあう訳や。ルール守らな、とんでもないことになるのは明白や。ワシも気
を付けるよって、みんなも注意してや!誰かのように高速道路を逆走なんかし
ちゃあかんで!ほな、お元気で!
※わしのシテイバイクだって2灯装着しとるぞ~!
raito.jpg

15

Category: 目くじら

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

カッコよすぎや!
 目くじら立てるほどやないねんけど、あんた、そりゃカッコよすぎや!と
ぼやきたくなるシーンが9月14日放送の『あまちゃん』にあった。そう、無
頼鮨の主人が北三陸に現れた、放映時間60秒ほどのあのシーンである。

 「観たわよ」という人も多いだろうから、簡単に描写するとこんなシーン
だった。夏ばっぱらが経営するスナックに革ジャンの男が現れ、立て続けに
7杯のウニ丼をたいらげ、「叱られる」とおびえる逃走した板前修業中の種
市先輩を「何も言うな。ここで頑張れ」と励まし、指導教官に「よろしくお
願いします」と挨拶し、居合わせたあまちゃんに「にっ!」と笑いかけ、ウ
ニ丼をハンドルにぶら下げてまた東京へ帰って行く。ナレーションによれば
「男は10時間かけて北三陸にやってきて、48分間の滞在で7杯のウニ丼をた
いらげ、また10時間かけて帰って行った」らしい。その間、台詞はたったの
2言!(だったと思う)

 むかし、『男は黙ってサッポロビール』というCMがあった。三船敏郎が
黙ってビールを飲んでいる映像だったが、それだけで伝わった。あの頃、男
とは寡黙なものと決まっていた。が、時代は変わった。あるいはお笑いタレ
ント全盛のテレビ番組が変えたのか?男も実におしゃべりな存在になった。
まっ、家族全員がスマホに夢中で、同じテーブルを囲みながらひと言の会話
もないという風景よりはましかと思うが、あの人たちの井戸端会議に付き合
わされるのもね~、どうかと思うねん。

 さて『あまちゃん』。放送は今月末で終わる。あと2週間しかないねん!
わては毎朝、2回観てるんやで!BSで7:30に観て、8:00からもう一回観
るんや。なぜって、台詞、1回で聞き取れんやろ?だから、8:00からので
確認するんや。そうせんと、胸くそ悪うてな~。と、こんなファンもおると
いうこと、分かってるねんな、NHKさんよ!もう心配されとるらしいが
『あまちゃんロス』、わしも心配なんや。『あまちゃんパートⅡ』大歓迎や
で~!
※カッコよすぎや!ピエール瀧。
無頼寿司

11

Category: 目くじら

Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

目くじら立てるほどやないねんけど・・・。
苦肉の策・・・ブログを1ヶ月ほど更新しないと広告が表示されるようにな
る。そしてもちろん、ランキングも下がる。なんとかせねば・・・とは思うの
だが、とにかく走っていないので、書くべき材料がない。そこで、もうひと
つのブログ(Go!Go!あらいぐま。)で書いている記事をこちらにも掲
載するという姑息な手段をとることにした。カテゴリー名は「目くじら立て
るほどやないねんけど・・・」。あらいぐまの小さな怒りをお読みいただけれ
ば幸いです。では、その第1回。

 先日、JR湘南新宿ライン小田原行きという列車に乗った。土地勘のない
方には分かりにくいかも知れないが、実はこの路線は、高崎線と埼京線と東
海道線を結んでいるというすごい路線で、何と、群馬県高崎市から東京都を
通過して神奈川県小田原市まで乗り換え無しで行けてしまうというスゴイ路
線なのだ。そして私は仕事で厚木へ向かうためにこの線に乗った。

 列車が新宿へ着き、客の乗降が済んだ。が、程なく発車するはずの列車の
ドアがなかなか閉まらない。暑い日だったので、社内の冷気が逃げ出してし
まうなあ…などと心配になったが、ドアはまだ閉まらない。おやおやと思い
始めた矢先、ホームのアナウンスがこう伝えた。「先行の列車の車内でお客
さま同士のトラブルが発生しており、そのためにこの列車は発車を見合わせ
ています」こんなトラブルは珍しいことではない。すぐに出るだろう。そう
高をくくっているとまた、同じアナウンスが流れた。そして、列車の車掌か
らも全く同じ文句のアナウンスを流れた。そう、このトラブルの原因はお客
さまにあり、決して私たちの落ち度はないよ!そこんとこヨロシク!…とい
うように(考え過ぎか?)!

 結局、列車は5分遅れで発車した。決して長い時間ではないし、遅刻する
としても許容範囲だろう。決して「目くじらを立てる」ほどのことではない。
しかし、なぜか釈然としないのは、あの責任逃れと思われてもしかたないあ
のアナウンスにある。機転を利かせて「先行列車の一部車両で冷房装置の点
検をしておりまして…」などと言ってくれれば、「ああ、私の乗った列車は
エアコンも効いていて良かったな~!」と我が身の幸運を喜ぶかも知れない
のに…。

 加齢のせいか、老いてますますの変形なのか、ちょっと腹が立つことが増
えてきたような気がする。角が取れて円くなる…などと言う境地にはほど遠
い毎日だ。でも、そんな「目くじら立てる」ほどではない事々を綴っていく
と、そこに世相が見えるような気がするので、これから、「目くじら立てる
ほどやないねんけど・・・」シリーズを書き綴ってみたいと思う。山藤章二、
やくみつる、東海林さだお…あの愛情溢れる批評精神に経緯を表して、あら
いぐまの「目くじら立てるほどやないねんけど…」乞う、ご期待!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。