1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 2  

「Start Line」を観たよ!
昨日(18日)午前10時過ぎ、友人から電話が入った。「skipで自転車の映画を
やるよ!私は今、向かっているところ」。どうやら私が自転車好きと知っている
ので教えてくれたらしい。で、その自転車映画の内容を訊くと「耳の聞こえない
女性が…」というではないか!ピンと来た。「Start Line」だ!作業をやめて会
場へ向かった。と言っても会場は我が家から自転車で2分のところにあるskipシ
ティ。現在、国際映画祭が開催されていて、その一環で急遽、上映が決まったら
しい。しかも、無料なのだよ、これが!
※映画の1シーン。ゴールの宗谷岬はもうすぐだ!
skip3.jpg 

その映画のことは知っていた。が、劇場公開がされないためなかなか鑑賞機会に
恵まれなかった。その念願が、こんなに簡単に実現するなんて・・・!急遽の公
開決定とあって観客は30名ほどだったのはとても残念だが、ひとりの自転車乗り
としても、また、聾者との共存を考える上でもとても興味ある映画だた。他者の
言葉を聞き取れないための主人公(はこの映画の監督でもある)のいらだちと後
悔が胸に痛い。観ながら回答を探したが…そう簡単には見つからない。ただ、状
況を理解しあえば道はあるのではないか…とだけ思った。

映画は沖縄から北海道まで、自転車で旅する記録である。かって私が走ったと同
じルートもあり、懐かしかった。そして、初心者でありながら、3824キロを57
日間で走り切ったパワーにも感動した。音が無い。ということは走りながら最も
気にする右後方から近づく大型トラックの轟音がないということだ。その巨大モ
ンスターは突然、右側に現れるということだ!それだけで、ゾッとした。今村監
督、本当にあなたはタフだ!勇気ある人だ!

上映終了後、監督と話した。ゆっくりと、口の動きをはっきりさせるように喋っ
たつもりだが、やはり会話は途切れがちで、マネジャー(?)の助けを借りた。
でも、映画と監督の勇気と体力とに感動し、次の作品を期待しているとはしっか
りと伝わったと思う。頑張って!彩子監督!
※上映終了後、告知ポスターにサインする今村彩子監督。
skip2 (2) 
※興に乗って、監督とツーショット!
skip2 (1)



スポンサーサイト

29

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 0  

答えは?
過日、荒川自転車道を走ったおり、河原のチューリップ花壇を見た。
まだ数本しか咲いていなかった。が、聞けば3万本ほどが植わっており
咲くと一枚の絵が出来上がる・・・のだと。見頃は4月中旬だという
ので、先日、行ってみた。※ただし、自転車ではない。
で、どんな絵なのかが判明したのでご覧いただこう。
DSC00707.jpg 
左右に大きな笑顔。真ん中にハート、だった。地元の子供達の絵を
モチーフにしたものらしい。残念なのは観覧席である土手が低く、
というか遠すぎて、絵を正面から見られないこと。判読に苦労する
が川辺のアートを楽しんだひと時であった。


27

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 4  

春を探しに。。。
 3月25日(土)。NHK朝の連ドラを見終えるとそこに北海道の雪原を走
る列車が映った。撮り鉄の解説を聞いているうち突如、”走りた~い!”のム
ラムラが湧いてきて、部屋の片隅で眠っていた自転車を取り出した。案の定、
空気圧が下がっていたので充填し、ひと通りの修理工具をフロントバッグに
詰め、サイクルメーターを取り付け、水筒をセットした。装いはもちろんバ
ッチリ決めた。街乗りではそうはしないが今日はロングツーリングの気分だ
から当然。厚めの手袋に耳までおおう帽子をかぶって飛び出した。食糧は途
中のローソンで買うことにして・・・。

 テーマは”春を探しに。。。”と決めた。北海道は雪だろうが、ここはもう
春だぜ!と、ちょっと先を行って見たかったのだ。さて、食料をゲットし、
さあ走り出そう!とサイクルメーターのスイッチを押すと、あら、液晶画面
がスーッと消え、何も表示しなくなった。何時か?と腕時計を探したら・・
忘れていた!まっ、いいさ!今日は距離も時間も忘れて走ろう、春だけを探
して。そう走ったら、これはとても気分のいいモノだった。

 いつもは疾走する自転車道を離れ、堤防の上を走ったり、水際をぶらぶら
したり。タンポポを発見してパチリとやり、れんげ草に寝転び、ポーランド
で湖畔の草むらに寝転んだら、実際、寝込んでしまったことを思い出したり・・・
ここらで引き返そうとスマホ(これだけは忘れないんだなあ)を見たら10時
半。早めの少食(ツーリングの鉄則)を済ませ、行きとことなるルートを選
んで帰路につく。帰宅後、Googleマップでチェックすれば往復約30キロ。
坂道では脚の筋肉がピリピリで、運動不足を痛感したが、いい刺激になった。
今、行きたい候補地は3つほどあるので、きっと、そのうちに!

 最後に今回ゲットした春のご報告。タンポポ、すみれ、名を知らぬ花いく
つか、桜のつぼみ(五色桜というワシントンに送られた桜と同じもの)、ウ
ミネコ(ここまで飛んでくるのだ!)、釣り人、荒川での水上スキー・・・
そうそう、忘れてはいけないのがチューリップ!約3万本が植えてあり、い
くつかが咲いていたので、草むしりをしている方に訊いたところ、これは花
アートなのだという。何が描かれているの?という問に彼は答えてくれなか
ったが、それは「見に来い!」という返答なのだろう。開花は2週間後だと
いう。よし、行って、何の絵なのか確認するゾ!と、また予定をひとつ増や
した週末の報告でした。
※球春という春。まずは野球少年たち!
DSCN5996 - コピー 
※じっちゃんばっちゃんだって負けてない!グラウンドゴルフ!
DSCN5998.jpg
※もちろんサッカー少年も春を満喫。
DSCN6021.jpg 
※食糧求め、ゆりかもめも荒川進出。
DSCN6000.jpg
※そして野の花たち・・・
DSCN6007.jpgDSCN6061.jpg
※3万本のチューリップが描くものは?答えは4月中旬に出る。
DSCN6076.jpgDSCN6065.jpgDSCN6081.jpgDSCN6026.jpgDSCN6025.jpg
※満開の桜・・・と思ったらあんずでした。
DSCN6085.jpg
※荒川で水上スキーなんて、洒落てるね!
DSCN6024.jpg
※水辺を歩いていたら巨大石遺跡を発見!誰が?何のために?誇大史の謎!
DSCN6012.jpg
※この桜は四季を通じて満開。
DSCN6066.jpg
※そして、こちらも・・・
DSCN6075.jpg

01

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 2  

ファットバイクの誘惑
仕事で長野県飯山市へ出かけた。今年は雪も豊富でボーダーやスキーヤーで
賑わっているらしい。が、私には仕事の合間にぜひやってみたいモノがあっ
た。それはファットバイク。最近、都市でも見かけることが多くなった、あ
の、超太いタイヤを履いた自転車である。見かけが名前になって、その名を
ファったバイク(FATBIKE、太った自転車)という。
どちらが発祥かは不明だが、空気圧を下げ、接地面積を広くすることで砂浜
や雪上を走ることができるのだそうだ。そして、このファットバイクで走ら
せてくれるゲレンデが飯山にあり、私はそれに強く惹かれたのだ。
そして、飯山についたその夜、早速、ファットバイクの滑走シーンを見る機
会が訪れた。友人が案内してくれたゲレンデで、およそ50台ほどが滑るでは
なく、走っていた。勿論スピードは出ない。いや、出さない。が、それなり
のスピードでゲレンデを走リ降りる姿には、今まで見たことがない迫力があ
った。
乗りたい!強く思ったのだが、その機会はやって来なかった。なぜ?だって、
ゲレンデを自転車専用にしてくれるチャンスなんて限られている。土曜日の
夜でないといけないのだ。
という訳で、ファットバイクデビューは夢に終わった。が、インストラクタ
ーに訊けば河原やサイクリングロードなど、路面がそれなりに固ければファ
ットバイクは十分に楽しいらしい。まだ、飯山へ行くチャンスはないわけで
はない・・・虎視眈々とその日を狙うあらいぐまである。
※これがファットバイクの疾走シーン!楽しそうでしょ!
DSCN5558.jpg 

15

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 0  

素敵な自転車、見つけた!
1月14日、茨城県筑西市のしもだて美術館で開催されている「高橋まゆみ人形展」
に行ってきた。彼女の本拠地は長野県飯山市だが、昨年、飯山市へ行った際は寄る
時間が取れず残念だった。が、我が家からおよそ75キロの地に、およそ100体の
人形がやって来るという。おー!ラッキー!とばかり、展示会初日に訪問と相成っ
た。
友人と二人、愛車を駆って出発。途中の道の駅で昼食を済ませ、昼過ぎに美術館着。
入場料700円也を払って会場に行けば、そこには昔会ったことがあるようなじっちゃ
んやばっちゃんが、いるはいるは!どのじじばばも屈託のない笑顔で、まさに人生
を謳歌していて、観ているこちらも幸せのおすそ分けをもらった気分。中には、こ
れは作者本人とその母親がモデルだという病室での人形もあるが、そこにも二人の
愛情が感じられて、やはりものぼの。
そんな100体の中に1点、素晴らしい人形と出会ったのでそれを紹介したい。それ
は「自転車」と名付けられた1点で、おじいちゃんが荷台に孫を、前のカゴには犬
を乗せて砂利道を走っている人形である。嬉しそうな子どもの笑顔!犬も楽しそう!
そしてなにより、一生懸命にペダルを踏むじいちゃんの満足そうな顔!こんなシー
ンを見かけなくなって久しいが、無くなってほしくないシーンである。
※これが「自転車」を名付けられた人形。説明の必要はあるまい。
自転車 
この人形展は1月14日から3月5日まで開催されている。お時間のある方、ぜひ、
どうぞ!詳しくは、http://www.shimodate-museum.jp/tenrankai.htmlで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。