1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 房総半島'10.1.30~2.2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1月30日 川口→銚子
寒さが懸念されるが、暖かい地方なら良いだろうと
日本一周のスタートは犬吠埼にしようと決めた。
本州最東端のご来光を見てからスタートするのも悪くないだろう。
そのため今日は、いわば移動日。
とは言え地図上で135キロはある。虫歯の治療のために
スタートを一日遅らせたのだが、体力も心配。
しかし万端の準備を整え、早朝7時、我が家を出発。


まず荒川沿いの自転車道を走り、途中、小松川橋を渡って都内へ。
ここから千葉街道を船橋方面へ走り、花輪のあたりで成田街道へ別れ、
そのまま銚子方面まで走る、というのが今日のコースだ。

朝7時の天候は曇。風は冷たくユニクロ製のウインドブレイカでは防ぎきれない。
でも、暖かくなれば、このブレイカでも脱ぎたくなるはず。しばし我慢。
途中でコピーした地図がポケットから飛び去ってしまうというアクシデントはあったが
8時に堀切駅通過、10時には船橋駅を通過し、まずは順調。
が、成田街道に入った瞬間から狭い道路は大渋滞。
自転車には歩道を走るという特権があるが、この歩道が狭く
2台の自転車がすれ違うのがやっと。時には降りてやり過ごすほど。
渋滞は30分ほどでやり過ごしたが、狭い道路は相変わらずで
後方からダンプが来た時など怖い怖い!
でも街道らしい風情にも時折は出くわし、途中、成田からの京成スカイライナーも見た。
成田も近いな・・・と思った頃、好事魔多し!
道を間違えて1時間位のロス。3人目に道を尋ねた学生の指示に従って走ったら、
途中悩んで右折した交差点に出た!左折すべきだったのか!
なぜ、こんなミスが起きたかというと、新しい道ができたが地図には載っていないという時差に依る。
意気消沈しそうになる自分を励まし、成田空港方面への道をひた走る。
午後1時。空港南端を通過。着陸する飛行機が大きく見えた。


このあたりから道路は起伏様態になった。大きな丘陵地帯であることがよくわかる。
やはり登りは辛い。で、これで終と思うな!の鉄則を思い出しひたすら走る。
今やルートは間違えようもない1本道。富里のスイカはまだか?
道路脇にはいちごの産直ショップ。おいしそうな春キャベツ・・・
そんなものを眺めながら走る。
染井の交差点を右折し、道の駅を発見したがパス。
見通しのよい場所を見つけ、ウイダーとカロリーメイトを流し込み
もう休みなしで走ろうと決める。陽のある5時前に目的地の民宿に着きたいから。
そして5時少し前に、やっと海が見えそうな地点に到着。
カメラを構えて撮ったのがこの夕陽。
残念ながら海に沈む夕陽とは行かなかった。


夕陽の右に見えるのは風力発電の2基の風車。
風車はこのあたりでたくさん見かけた、きっといい風が吹くのだろう。
と言う事は・・・自転車には辛いのか?ちょっぴり不安がよぎる。
どうやら日没は5時ちょっと。あたりは暗くなってきた。
疲れた脚にムチ打ち、自転車のスピードを上げる。
坂道も必死で登る。
で、5時15分、目印の外川漁港を発見し、民宿へ電話。
なんと、そこから100メートルに目指す民宿「ねぎどの」はあった。
到着5時20分。
すぐに風呂を使わせてもらい、冷えた体を温める。
背中と腿のあたりにドーンという重み、痛み?
しっかりほぐして夕食、ビールが本当に旨かった。
で、食事は期待通りの海の幸。どれも美味しかったよ。


予約する時から気になっていたのが民宿の名前。「ねぎどの」って?
で、女将さんに訊いてみた。「主人が神主さんの分家で、近所からそう呼ばれているの」
神に願いを取次ぐ人・・・の家に泊まって、この旅の幸先はベストだ!
女将さんの写真は明日の朝に撮影するので、お楽しみに!
本日の走行151.98キロ 実走行時間7時間46分32秒(ペダルを回していた時間です)
スポンサーサイト

20

Category: 房総半島'10.1.30~2.2

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

1月31日 銚子→太東
6時起床。ぐっすりと眠れた。腕、脚、腰を動かしてみる。
特に痛みは感じず、重くもない。疲れは残っていないようだ。ホッ!
6時半、朝食。しっかりと海の幸満載。大きな梅干も1個。気がきいてる。
準備を整え7時半出発。
まず、犬吠埼灯台へ向かう。途中で小さな神社を発見したので旅の安穏を祈願。
灯台はまだ開館していなかったので周回遊歩道を1周。
最東端の血で太平洋を見わたせば、水平線は丸く見えた。
でもこの写真では無理かな?もっと広角度レンズで撮影しないと・・・。
まっ、雰囲気だけ。

さあ、実質的に日本一周はここがスタート。ガンバロ!

昨日と同じ道を引き返すのもしゃくなので、街中を通るルートを選択。
海に近いのにアップダウンの多いのがこの辺りの特徴。
しかし、今日は辛いのはココだけだよと言い聞かせつつ走る。
だって、九十九里浜にでれば平坦な道路が続くはずだから。
そして、その目論見は当たった。飯岡の辺りで海岸に沿って走る30号線
に出ると、その脇には自転車専用道路が用意されているではないか!
こうして「左に海」のコンセプト通りの走りが実現。


その気持ちよさと言ったら・・・形容する言葉がちょっと出てこない。
折からの追い風に背を押され、ペダルを回す脚に力を入れなくとも
スピードメータは20キロ、21キロ・・・。極楽とはこのことか!

九十九里に行った時には・・・と考えていた美術館があった。
ひょんなことから海の家の経営を任されたお母さんが
殺風景な海の家に潤いを・・・と油絵を描いた。
それを見たお客さんが「これは誰が描いたの?」と問うとお母さんは
「私よ!」と答える。一瞬絶句する客。そして「素晴らしいよ!」と賞賛の声が上がったそうだ。
そんな肝っ玉お母さんの美術館があると聞いていたので、
機会があればぜひと、チャンスを探していた。それが今日、実現した。


美術館では館長の望月やす子さんと老犬が優しく出迎えてくれ、
静かな雰囲気の中で鑑賞。絵の具が飛び散るほどの激しさで描いたというが
その迫力にはこころ打たれた。詳しくは下記URLからどうぞ。
http://mochizukimuseum.jp/index.html

さて、その頃に千葉に住む友人から「今、どこを走っているの?」との電話。
途中で落ちあい、一緒に走ろうと言う。で、白里海岸で落ちあい白子海岸まで並走。
「どこかのコースでは一緒に走ろうね」そう約束して別れた。


2日目の今日、9時頃にちょっぴり雨があり先行きが思いやられたが、
程なく雨はすっかり上がり、春を思わせる暖かな一日だった。
美術館にも寄り、友人と走り、楽しい一日だった。
午後3時半。予定よりも1時間ほど早く目的の民宿到着。
今、夕食を待ちつつブログを書いている。
本日の走行距離83.3キロ。走行時間4時間47分。
ちょっと楽をし過ぎたか!


明日は太東から房総半島の南端を周り館山の国民休暇村まで走る予定。
天気予報の雨だけが気がかりだ。

20

Category: 房総半島'10.1.30~2.2

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

1月30日 途中で出会ったすごいヤツら」
千葉街道を走っていた時にすごいヤツとであったので書きとめておきたい。

ある交差点で信号が赤になったので待っていた。
と、後方からやってきた一人の男性が話しかけてきた。
本格的な自転車、ウエア・・・何者かな?
「どっちらまで?」
私はちょっと逡巡しつつ答えた。「えっ、えーと、犬吠崎まで」
「おんなじだ!ご一緒しましょうか!」
信号が青に変わった。次の交差点まで並走した。
彼は軽装。私は10キロの荷物を積んでいる。とても同じ速度では走れない。
「いや無理ですよ。お先にどうぞ。で明日は?」
てっきり今日は犬吠崎までと思った私が「明日は」と訪ねるのは当然だろう。
「いや、犬吠崎を回って、○○○(聞き取れず)を経由して、
八王子まで戻ろんです。今、チームの何人かがいろんな方向から犬吠目指して
走っているんですよ。刻々とメールで現在地を知らせながらね」
なんじゃそりゃ!どう考えても400キロは行くのだはないか!
「夏に直江津までをやるんでその練習なんですよ」
東京から直江津まで、沼津から糸魚川まで。
日本を横断するレースがあるのは知っていたが、それをヤルのか!
次の交差点で止まった。すると「こんちは」ともう一人の自転車野郎が挨拶をくれた。
どうやらチームメイトらしい。
「どう?」「皆、いいペースのようですよ」と仲間が気になるようだ。
「お先にどうぞ!」青信号とともに、二人は脱兎の如く走りだし、見るまに姿は見えなくなった。
その後、信号も無視しながら猛スピードで走り去るヤツを2人見かけた。
彼らもチームメイトかも知れないな、などと考えながら、
私は私のペースを守った。ちょっとジェラシーを感じながら。

20

Category: 房総半島'10.1.30~2.2

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

2月2日 休暇村館山→川口(輪行)
7時、目覚める。昨日までなら「シマッタ!」となるところだが
今日は帰宅と決めてあったので「もう少し寝ようか・・・」という気分。
天候が気になったのでカーテンを開けてみれば、
空いっぱいに重い雲。風は弱まったものの冷たい。さすがに雪ではないようだ。


8時、朝食。和洋バイキング。
ここでも美味しそうな海の幸がいっぱい。いつもなら喜んでいただくのだが
昨晩まで5回の夕食、朝食が海の幸いっぱいだったため胃袋が拒否。
コーヒー(3日振りだ!)にサラダとパンとフルーツをとって窓際の席へ。
晴れていれば富士が見える方向を眺めながらゆったりと食した。

さて、予定を切り上げての帰宅だが、2時間で館山駅と東京駅を結ぶ高速バスがあるという。
しかも料金は片道2300円。JR内房線を経由すると料金はほぼ同じで3時間弱。
あの「海ほたる」を経由するというのも面白いではないか。
そして東京駅でJR京浜東北線に乗り換えればいい。

そのためにはまず自転車の解体とパッキング。
輪行バッグを用意したのだが、自転車にくくりつけたリアバッグは収納できず、
これは宅配便で送ることに。しかし、ペダルを外す工具を忘れていたため
途中の自転車屋さんで借りることにして宿舎出発。支配人自らの運転で送ってもらった。
自転車屋さんは親切に作業までしてくれ、輪行の荷物完成。一路、館山駅へ。
ここでチケットを書い、待つことしばし。大型バスが到着し乗車。
このころ館山の天候は快晴。暑いくらい。菜の花や水仙が気分を高揚させてくれる。

平日のためか空いている道路をバスは快適に走る。
ちょっとまどろんだところで海ほたる到着。15分の休憩時間に4階まで駆け上がり
その展望を確認してきた。これは千葉側。工場地帯のようだ。


亀の置物の修理をしていた。


その後も高速バスは快調に走り、予定より10分ほど早く東京駅着。
京浜東北線に乗り換え、西川口駅へ。ここで自転車を再度組み立て自宅まで。
早速、自転車を洗車。チェーンやギヤは専用クリーナーで入念に洗い、
「次も頼むよ」と新しいオイルを差してあげる。盟友だからね!

さて、3泊4日に短縮されたが、こうして私の第一回目のトライアルは終えた。
楽しい経験をいっぱいしたと同時に、装備、携行品、ルートの決定・・・など
沢山の課題も見つかった。しばらくはその解決策を探す作業になる。

また、ここに書ききれなかったことは順次アップして行きたい。
太平洋岸自転車道というすごい雄大な名前の道路のこと、
自転車に乗ると鼻水がでる話し、
パンクの恐怖・・・・ぜひ読んでください。

20

Category: 房総半島'10.1.30~2.2

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

2月1日 太東→休暇村館山
納得できなかったのでGOOGLE MAPで再確認してみた。
そして、昨日の走行は80キロ強で正しいことがわかった。
GOOGLE MAPで表示される他のルートの数字を読み違えていたのだ。
ルートを走りたい道にドラッグして修正すれば、72キロと出るではないか!

で、今日のコースを正確に測ってみた。100キロだ。
昨日のミスが大きい!昨日、あと20キロは走っておくべきだったのだ!
後悔先に立たず・・・・
しかも今日の天気予報は「午後から雨」だ。明日は雪かも知れないと言う。
これには少なからずビビった。しかし、私は今、走るしかない。
降り出すまでにどこまで行けるか?これが鍵だ。
平均時速15キロで走りきれれば7時間ほど。
午後2時までに到着する、はず。そうすれば雨は避けられるのでは・・・?
その計画を実現するため、出発は午前7時と決めた。
「龍馬伝」を観てすぐに就寝。しかし、2時過ぎに目が覚め、以後、寝つかれない。
ままよ、とうつらうちらで5時半の目覚ましの音を聞く。
6時朝食。準備して7時出発。雨はまだ降り出していない。

今日のルートは単純。128号線を一路南下し、以後も海沿いを走るだけ。
追い風を得てぐんぐん走る。8時御宿通過。
9時小湊温泉通過。9時半鴨川シーワールド通過。10時太海で小休止。
もっとアップダウンがあるのではと予想していたのだがほとんどない。
これは嬉しい誤算。そしてもうひとつの嬉しい発見。
なんと多くのトンネルの脇に自転車歩行者専用トンネルがあるではないか!
自転車ではトンネルが本当に怖い。前回の高知では何度も怖い思いをした。
しかし房総には自転車専用トンネルがあった!

用意したライトも必要なく、足首に反射テープだけを巻きつけて走った。

11時、千倉駅近くを通過。この駅を過ぎるとJRの駅はない。つまり、
輪行は不可能となり自転車で行くしかなくなる。迷った。しかし、
順調に行けばあと3時間弱で着くはず。エイッ!自転車で行くと決めた。
そして走った。途中にいくつかの道の駅があったが、すべてパス。
いつものドライブなら必ず立寄るが、今回は荷物を積めない自転車だもの・・・。


白浜海岸には奇岩が並んでいた。


12時過ぎ、房総半島最南端の根本を通過。残すは10キロあまり、
1時前に到着できるのでは・・・そんな希望が湧いてきたその時、事件は起きた。
後輪パンク!
今まで、ない事を不思議に感じていた。その理由は何だろうと考え、
ペットボトルではないかと思い至っていた。つまり、以前はガラスであった各種容器が
缶やペットボトルに変わったため路上のガラス片は減った。そのためにパンクも減った。
これは当たっているような気がする。自転車にとってはありがたい事だが、
ペットボトルの増殖を果たして手放しで喜べるのか?
折よくガソリンスタンドがあったので場所を借りてタイヤ交換。
重い荷物に邪魔されながらも約30分で交換完了。
「俺もリタイヤしたらバイクで日本一周したいと思っているんだ」
そう語るスタンドマンは脱サラらしい。後継者がいなくてまだリタイヤできないと嘆いていた。

修理が終えた頃、ポツポツと雨になった。天気予報は少々遅れはしたが当たったようだ。
私は走った。地図では残り10キロくらい。30分あれば着くはず。
そして雨を含んだウインドブレーカが肌にベタッとくる頃
目的地である休暇村館山に着いた。午後2時30分だった。
約20分は雨中走行だったが、今回は、20分で済んだと考えるべきだろう。
芯まで冷えた体を大浴場でほぐし、また気力挽回させてブログを書いている。

本日の走行距離106.16キロ。実走行時間5時間22分。


実はこの施設の支配人は私の高校時代の親友。夕飯を共にする事になっている。
久しぶりの再会。何を話そう?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。