1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2009

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
02

Category: 準備篇

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

まず、自転車を整備しなくては・・・

地方を走るとことと、
家からスタートして帰ってくるツーリングとは
基本的に違う。

それは、
自転車という交通手段を使いながら旅をすることなので、
装備も持参する物品も異なるわけだ。
そこで、いくつかの工夫を凝らした。
いや、いくつかの道具を買い込んだ。

まず、シューズ。
自転車専用のもので、ペダルとシューズを固定する
パーツが着いている。これならレース用のものと同じなのだが、
このシューズの場合、パーツが靴底の中に収まっていて、
歩きやすいのだ。自転車を降りれば次には歩き回らなければならないので
このシューズはとても有効だ。

これがシューズ。見た目はちょっと派手なウオーキングシューズ。













これが靴底。専用パーツが食い込んでいるのが分かる。














加えて、荷物を運ぶ必要があるので、リアキャリアを購入した。
着替えなどをザックに入れて背負って走る手もあるのだが
それは非常に苦しい。背中は自由にしておきたい。
そこでリアキャリアを装備し、それに荷物をいれたザックを
くくりつけることにした。するとこんな格好になった。







約10キロの荷物は、結構重い。風が吹くとハンドルを取られる。
横をダンプやバスが通過する時は結構ヒヤヒヤものだったが、
背中の自由を奪われるよりはましだった。

スペアタイヤやスポーク、工具、空気入れなども必須の携行品だ。
今回は、空気入れが壊れてしまい、旅先で探す羽目になった。
購入できたからいいが、自転車店のない田舎だったら・・・
そう考えると装備は多くならざるを得ない。今後に向け、
自転車とともにじっくりと考えなければならないところ。