1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
  11 ,2011

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
28

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

新ルート、発見!
予定が変更になり、突然、時間ができた日曜日。奥さまの「自転車にでも乗れば」の
声に背を押され、乗りに出た。しかし、どこへ行こう・・・・ここで迷う。
自宅から走り始めた時のルートはほぼ出尽くし、新鮮なときめきがないのだ。
熟慮(大袈裟だな~)の挙げ句、ふと思いついたのが「緑のヘルシーロード」
という名前の自転車道。わが家の近くの芝川自転車道の終点からさらに伸び、
利根川にまで繋がっている・・・と聞いている。かって、そこを走ろうと
出掛けたのだが、途中でルートを失い帰ってきた記憶がある。
よし、今日はそれを征服しよう!

9:30出発。芝川沿いは問題ない。そしてヘルシーロードに入る。よく見れば
案内看板もしっかり設置されている。日曜日のせいかすれ違うチャリダーも多く、
彼らがルートの正しさを教えてくれる。急ぐ必要のない旅。キョロキョロと
周囲を見ながら走る。
※基本的には自転車道はこういう感じ。
DSCN2171.jpg
※ここが終点の利根川取水堰。
DSCN2178.jpg

帰宅後に確認したのだが、この自転車道は見沼代用水路という利根川から荒川へ
水を引くためにできた用水路に沿ってできた自転車道だった。だから、
水路を辿って行けば良いのだが、地形や建物の関係で常に水路沿いという
訳にはいかない。それがルートを失う原因になる。今回も何度かルートを
失いかけたが、水路を探し出すことで大過なく済んだ。

水路で遊ぶ鳥たち。道ばたの猫。紅葉・・・そんなものを眺めながら走る。
そしてメーターが56キロを指した時に利根川に取水堰に着いた。
堤防に上がってみれば、そこは利根川自転車道。ロードマンが行き交う。
いつかはここを走ってみたいモノだ。
※自転車道脇の田んぼでは猫がのんびりと・・・
DSCN2184.jpg
※神社の木々はすっかり紅葉していた。
DSCN2185.jpg

そして同じ道を戻る。雲に隠れた太陽は今にも消え入りそうだったが
風もなく、寒過ぎもせず、まずは快適な自転車日和と言えよう。
午後4時、帰宅。すぐに風呂にお湯をはり、脚をゆったりと伸ばす。
次の旅に備えていいトレーニングになったが、何より、新ルートを
開拓できたのが収穫だった。
本日の走行距離 113キロ
走行時間 5時間27分
平均速度 20.7キロ(最高速度 31キロ)

23

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

久しぶり!霞ヶ浦で86キロ!
10月に日本海を走って以来、いろんなことにかまけて全く走っていなかった。
で、入稿が終わったのを機に、走りに出た。ほぼ1カ月半ぶりか!

目指したのは霞ヶ浦。ここでは茨城県サイクリング教会主催の「霞ヶ浦一周」の大会があり、
かって、2回ほど参加したことがある。もちろんタイムを競う訳ではなく、完走目的。
しかし、3・11による液状化現象でサイクリングロードはずたずた。今年の大会も
中止になっていた。その回復状況も知りたかった。

6時半過ぎに車で家を出て、大会のスタート・ゴール地点である霞ヶ浦綜合公園を出発したのは9:00!
霞ヶ浦を半時計回りに走る。つまり、常に左に霞ヶ浦を見ながら走るのだ。私の日本一周と逆パターン。
まずは国道125号線を走る。狭くて走りにくい。大会の時は大勢が走っていたので
車もきっと大回りするなどしてくれたのだろう。だが、今日は・・・。
国道も霞ヶ浦の東南端まで。古渡橋(ふっとばし)を渡ると道は堤防上の自転車道となる。

これが・・・快適そのもの!見えるのは真っ青な空と、ぽっかり浮かんだ雲と、
眼前に続く道路のみ!ちょっぴり冷たい空気がうまい!
そろそろ色づき始めた雑木林、軒先で真っ赤に熟れたたわわな柿・・・
そんな景色を見ながら走る。ペダルがちょっと重いな・・・と感じつつ。
※晴天に恵まれた。
DSCN2155.jpg
※こんな景色を独占して走る贅沢!
DSCN2135.jpg
※霞ヶ浦周辺はレンコンの産地。正月に向けての収穫作業があちこちで。
DSCN2160.jpg
※大会の時は気付かなかったが道路脇にはこんな小さな社があちこちに。
DSCN2156.jpg

しかし、やはり液状化の痕跡はまだ残っていた。道路の中央にできた段差。
崩れた崖。落ち込んだ(あるいは突出した)マンホール・・・そして、
応急修理はしたもののブルーシートに覆われ、走行不能な区間もあちこちに。
が、このくらいは想定内。完全復旧を期待していなければ、全く許容範囲。
いや。それどころか「よくぞここまで!」と感謝したいくらいだ。
釣りに興ずる人、歩く人。何人かのチャリダーともすれ違い、走りは満喫できた。
※ブルーシートで覆われた自転車道。
DSCN2136.jpg
※通行止めもあちこちに。でも、自転車なら通れるところも多い。ラッキー!
DSCN2139.jpg

しかし、膝は、脚は正直だ。基本的にはフラットなコースなのに、
道の駅玉造の辺り(60キロ過ぎ)で筋肉は悲鳴をあげる。情けない・・・。
なんとかスタート地点に戻ったのは午後2時。走行距離は86.03キロだった。

コースは健在と確認できた。素晴らしい気分転換だった。
そして、走りたいならば、日頃からもっと走るべきことを再確認した。
で、自転車はやはりいいものだと・・・改めて思った。
本日の走行距離 86.03キロ
走行時間 4時間7分
平均速度 20.9キロ (最高速度 38キロ)