1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2012

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

2012走り初め!
四国から帰って以来、年越し作業に終われ、気付けば正月。自転車とはいえ車両。酒気帯び
運転をすることはできないので2日までは自転車はインテリアと化していた。が、今日は3
日。そろそろ走りの虫もうずく。箱根駅伝の結末も見えた…というタイミングで走り初めに
出た。そう、四国で実証した防寒対策を施して。

が、風は半端でなかった。荒川自転車道を東京湾までと考えて出たのだが、その場合、行き
は追い風、帰りが向かい風になる。それは嫌だな~と考え、最初に荒川を遡り、風の向きを
逆にすることにした。で、新荒川大橋から上流へ向かう。自転車道にはチャリダーはじめラ
ンナー、ウオーカーが沢山いた。みんな、同じようにうずうずしているんだろうな…。
※途中、雪の富士山が見えた。
DSCN2638.jpg
※空というキャンパスにはいつも素晴らしい絵が描かれている。今日はこんな絵。
煙突から煙が出ている訳ではない。
DSCN2642.jpg

メーターが25キロを指したところで引き返す。そう、今日の目標は50キロ。予想通り、帰路
は追い風。40キロを超えるスピードもらくらく。数人のライダーと団子になったりしながら
楽しく走り初め終了。帰宅し、冷たくなったカラダを風呂で伸ばし、2012年のサイクルライ
フの1ページ目を開いた。

日本一周計画はまだまだ残っている。体力との競争でもある。うまく時間をやりくりし、一
日も速く達成したいものだ。

走り初め 52.81キロ
走行時間 2時間52分
平均速度 18.4キロ(MAX42.0キロ)
スポンサーサイト

03

Category: 四国一周'11.12.19~27

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

四国よもやま話その②女性ドライバーに気をつけろ!
怖いのはトンネル!これはチャリダーなら誰もが思うこと。地図を見れば今回のルートには
かなりのトンネルが予測されたので準備は入念に行った。前照灯、反射板、ヘルメットに着
装した後方照射ランプ…etcetc。が、そのなかで最も効果あったのは反射ベルトだったよう
に思う。長いトンネルに入る前には必ず装着したし、その際、後方から来る車は大きく迂回
してくれた。本格的に後方に存在を知らせしめている…そう思わせる迫力が反射ベルトには
あるのだろう。

そして、全般的に多くの車は大きく迂回してくれ、怖いと思ったことはほとんどなかった。
しかし、ほとんどと言うことは全くなかった訳ではない。それが今回のタイトルだ。ヒヤッ
と思ったことは3回あった。

その①左折の合図をしないドライバー・・・ある赤信号で白いFitの脇に停車した。信号が
青に変わったので走り出すと、何と、白にFitは左へ左へ来るではないか!!私が止まると
Fitも止まった。左折のランプを指さし「合図してないでしょ!」と怒鳴ると、ランプが点
いた!・・・それじゃ遅いんだよ!

その②と③どっちが本線じゃ!・・あとの2回はほぼ同じような状況。内容はおばちゃんド
ライバーの強引さ。多分徳島市内の県道12号線を走っていたときの出来事だったと思う。い
つものように道路左側を走っていた。と、左方向から本線に出ようとする車が…。この距離
感覚からいけば当然、本線を走る私が優先で、その通過を待って車は本線に進入するだろう…
という私の判断をあざ笑うかのように「私はクルマよ。そのチャリンコはお待ち!」という
雰囲気でクルマは私の目の前に現れて来た。慌ててブレーキを握り、「キッ」とドライバー
を睨むが、そのおばちゃんは「ニコッ」と笑って本線へ進入し、去っていった。

起こしても、貰っても、事故は無駄だ。これからも万全の注意で走ろう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。