1
2
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2013

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

斑鳩の里
仕事は昨日で終え、延泊して今日は斑鳩の里を散歩することにした。法隆寺や中宮寺
は何度か訪れているが、今日は少しエリアを拡げ、斑鳩の里を愉しんでみようと思う。
JR奈良駅から約12分。法隆寺駅に着いたのは8時半。まだバスも動いていない。見
渡すところレンタサイクルの看板もない。ならば、歩こう!案内図には徒歩約20分と
あった。
案内に従い県道5号線を歩き出す。が、この道は面白くない。で、田んぼのあぜ道に
ルートを変更し、ぶらぶらと法隆寺を目指す。乾した稲の束、路傍の石仏・・・そん
なものを眺めながら歩く。気分は万葉人だ。そして案の定、約15分で法隆寺に到着。
南大門から入り、シャッターを押しながら、五重塔、宝物殿、夢殿そして中宮寺を巡
る。住み着いたネコと語り、長く伸びた影のアートに感動し、中宮寺では半価思惟の
像を心ゆくまで鑑賞。しばし別世界に遊んでいたのだが…中宮寺を出た頃から境内は
にわかに騒がしくなってきた。そう、修学旅行の学生たちが群れをなして押し寄せて
来たのだ。一昨日、薬師寺の僧が「明日の9時台には10校がくる」と語っていたのを
思い出した。申し訳ないがこ、りゃあ逃げるしかないと決め、西大門から法隆寺を後
にした。
この門を出て左折し、壁沿いに歩くと、先日、大きく報道された国宝への落書きがあ
る。「ヒマやね」「殺すぞ、ボケ」当初、修学旅行生の仕業と推測されたが最近では
地元民ではないか?との懸念もあるらしい。素人目にも修復は難しいと思われたが、
およそ1300年を経ているこの壁にはきっと数々の落書きや悪戯がされているはずだ。
悪いことには違いないが、目くじらをたてるほどやないんとちゃう?
寺を出て、西里地区を歩く。古い町並みが素敵だ。気分がいいので龍田神社から紅葉
で名高い龍田川まで足を延ばす。先月、もみじ祭が行われたという龍田川はまだ最盛
期の名残をとどめていた。
ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは(在原業平)
時計を見れば間もなく正午。朝食が7時過ぎだったのでさすがに空腹を覚えてきた。
足早に法隆寺駅を目指してひなびた道を歩く。狭い道路をかなりの数の車が往来する。
立派なデイケア施設や休日診療センターなどを通過する。高齢者には住みやすい土地
かも知れないなどと想像するのは、私がその域に達した証か?
駅近くに「ん」が大きく書かれた「めん処」の看板を見つけ、入る。おおきな油揚げ
が入ったうどんに、小盛りのご飯、サラダやおひたし、炒め物など6種もの小鉢が着
いた定食700円は安かった。
こうして約5時間の散歩は終え、間もなく私は車中の人となったが、非日常の世界に
遊んだ素晴らしい一日だった。 
※のどかなあぜ道を行く。
DSCN9590.jpg
※法隆寺の紅葉。
DSCN9607.jpg
※壁はキャンパス。
DSCN9620.jpg
※太陽は時にこんな素敵な幾何学模様を描く。
DSCN9613.jpg
※龍田神社の大楠は樹齢800年ほどという。
DSCN9662.jpg
※法隆寺で見かけたネコちゃん。
DSCN9636.jpg
※こちらは龍田神社の狛犬。
DSCN9666.jpg
※龍田川沿いは紅葉みに充たされていた。
DSCN9678.jpg
※どうしても「柿」は気になる。
DSCN9686.jpg
スポンサーサイト

03

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

奈良散策。
3日に奈良で取材の仕事が入った。2~4日が空いていたのだが、その中間の日に入った。
するとまたぞろ、走りたい虫がむずむずと起きだしてきた。で、早入り、遅帰りと決めて
2日に奈良入りし、仕事を挟んで古都散策を楽しんでいる。
【初日(2日)】
京都で新幹線から在来線に乗継ぎ、午後1時過ぎ、JR奈良駅着。薄味のきつねうどんとじゃ
こ飯の昼飯を済ませて駅前のホテルにチェックイン。そしてホテル備え付けの自転車を借り
て散策スタート。西ノ京薬師寺を目指した。
さて今回の足はホテルが無料で貸してくれるママチャリ。サドルを目いっぱい引上げてみた
が、いやいやペダルは重い。スピード出ない。変速レバーももちろん無い・・・の3重苦。
が、漕いでいれば目的地は徐々に近付き、およそ20分で薬師寺着。東塔は改修工事のため
ビニールシートに覆われ、玄奘三蔵院も1日から観覧禁止となっていて、ちょっと運の悪さ
を感じたが、今回の第一の目標は写経。薬師如来の参拝もそこそこに写経道場へ向かった。
道場には私を含めて3人の男性。1枚を書くのにほぼ1時間を要するが、こころが無になっ
ていく瞬間が好きだ。
写経を終えてママチャリ駐輪場へ戻ろうと歩いていると、奈良の友人から電話。なんと、用
事があって薬師寺に来ているとのこと。ほどなく現れた彼の配慮で、工事中の東塔の内部に
入れてもらうことができた。東塔はすでに半分以上が解体され、ほぼ3階の高さにまで縮小
していたが、純木造の構造の一部を見ることができた。ここで友人と別れ、ホテルに戻る。
午後5時を過ぎると風はさすがに冷たい。
そして6時半。友人が迎えにきて夜の町へ。顔見知りという新潟地酒と七輪焼きが売りの
居酒屋で痛飲。10時過ぎ、別れた。
【2日目】
7時起床。30分ほど散歩をし、シャワーを浴びて朝食。その後、近鉄で「富雄」まで出か
けて取材。ギャラリーのような素敵なカフェで昼食をご馳走になり、午後2時ホテル着。
また、例のママチャリを借りて、今回は奈良市写真美術館へ。ここで「入江泰介の軌跡」展
を堪能し、春日大社へ。鹿と戯れた後、興福寺へ向かい、ならまちをぶらつき、友人の店
で揚げ天ぷを買い込み、ホテルへで軽い夕食。ポテトや玉ねぎ、ゴボウなどをかまぼこで
包んで揚げたこの天ぷらは打つ食べても美味い。そしてゆっくりと熱い風呂につかり、この
ブログを書いている。グーと腹が鳴ったので、ブログはここで切り上げる。
※大好きな柿が売られていたので早速買った。左の自転車が今回の足!
DSCN9408.jpg
※素敵な木版の自転車。かって自転車屋さんだったらしい。
DSCN9448.jpg
※薬師寺西塔。
DSCN9446.jpg
※奈良公園で鹿と戯れる台湾からの旅行者。
DSCN9540.jpg
※興福寺五重塔。さすがの威容。
DSCN9568.jpg
※興福寺から眺めた生駒山に沈む夕陽。
DSCN9585.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。