FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

団塊あらいぐまの自転車 世界&日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまが自転車で世界&日本一周を目指します。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 ●海外サイクリングランキングにも参加しました。 にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: Praha→Warzsawa 2016.5.20~6.8

Tags: ---

Comment: 2  

5月25日 ヴロツワフを堪能 von Jawow nach Wroclaw
今日向かうのはヴロツワフWroclawというポーランド第4の都市。今年2月の
ツアーで仲良くなったガイドのヴァツラフWaclawさんと午後2時に会う予定な
ので、8時には出発。約70キロと踏んでいる。
まず、昨日は行かなかった、しかしこの町で最大の見所平和教会へ。残念ながら
開館が11時で内部を観ることはできなかったが、ヴアツラフさんいわく「スヴィ
ドニッツエの方が美しい」。
見上げれば今にも降り出しそうな重い雲。道路には、昨晩の雨の名残が少々。ど
うしても気はせき、地図と看板の参照が疎かになり、すると、進むべき道を間違
えることになる。今回は2度、間違えた。が、ルートの大きな流れは間違ってお
らず、結果的に私が選択したルートよりも短いルートを走ったことになった。雨
もなく、やはりラッキーな男と言うべきか?
でっかい大地の中を突き進み、午後1時にヴラツラフに着いた。まずホテルで荷
を解き、シャワーを浴びてから友人と会おうと思ったのだが、なんとホテルは電
気工事中で停電。今は部屋もどれになるのか分からないという。仕方なく、荷物
室で着替え、大切なものをザックに入れて約束の場所へ出掛けた。
かれはもう待っていてくれ、まず昼食をということになった。案内してくれたの
はモダンなイタリアン。ピッツアはどうかと勧められたが、久しぶりにスパゲッ
ティにした。3ヶ月ぶりの再会を喜び合い、その間のことを喋った後、彼の案内
で市内見学に。先のツアーで入ったところは避けて歩いたが、ヴラツラフの奥深
さに驚いた。最後に訪ねたのがパノラマ・ラツワヴィツカ民族博物館。1974年に
帝政ロシアと勇敢に闘って勝利した歴史を3Dの立体360度パノラマで再現し
たものだが、その精巧さに驚いたと同時に、(権)力に対してひるまないポーラ
ンド人の気質を学ぶことができた。このDNAがワルシャワ蜂起にも流れている
のではないかと思った。
楽しい散策を終え、最後は市庁舎広場でビールを飲んで別れた。コーヒーブレイ
クと最後のビールは支払ったが、昼食や入場券は全て彼の負担。しかも彼の職業
がガイドであり「申し訳ないので少し負担させて欲しいが」というと「不要。も
う日本国家と私がそう決めてある」という有無を言わせない回答。好意をありが
たくいただいて別れた。2年以内に日本に行く計画があるとのことなので、もち
ろん再会を約して。
さて、もはや知人はいない。ここから走りも本格化する。明日は、クルツボルク
Kluczborkまで約100キロを走る予定。今日は恵まれた追い風よ、どうか明日も吹
いてくれ!
※平和教会。木組みが美しい。
DSCN0385.jpg 
※おやっ、不思議な怪獣がと思ったら道路脇の草を刈る車だった。
DSCN0403.jpg 
※こんな洒落た装飾に出会ったが、自転車屋さんではなかった。
DSCN0401.jpg
※昨晩、切って塩をまぶしていおいた特製塩漬けきゅうり。なかなかの味だった。
DSCN0406.jpg
※ヴルツワフ市庁舎。広場にはたくさんの出店がが。
DSCN0414.jpg
※最後の囚人という名の妖精。この建物が囚人収容所だったらしい。
DSCN0423.jpg
※ヴロツワフ大学前に立つ彼はヴロツワフで最もセクシーな男と呼ばれ、この像の前
で記念写真を撮る女性が後を絶たないという。
DSCN0431.jpg
パノラマ・ラツワヴィツカ民族博物館の立体画像には目を奪われた。日本語説明あり。
DSCN0456.jpg
※散策終えて。彼のビールは蜂蜜ビールと言って、少し甘いらしい。
DSCN0468.jpg







Comments

おいしいビールと大自然・古都の毎日、羨ましい限りです

また、あらたな国際交流 生んで下さい
>pikoさん、
本当に健康に感謝です。日本贔屓があちこちにいるのも嬉しいです。
次の出遇いはあるか?乞う、ご期待!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。