1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

団塊世代・あらいぐまの自転車日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまの自転車日本一周挑戦記。ただ今、世界へも足を伸ばし中。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: Praha→Warzsawa 2016.5.20~6.8

Tags: ---

Comment: 4  

6月5日 ワルシャワを学ぶ、ワルシャワに学ぶ。 Stadtbesichtigung in Warszaw
今日は一日、ワルシャワを巡ることにした。自転車が大きな武器になったことは
言うまでもない。遅めの朝食を済ませて8:45出発。10時開館という施設が多いの
でそれに合わせた。
訪問した場所を列記すると、コペルニクス科学センター、旧市街、聖十字架教会、
ワルシャワ大学、コペルニクス像、ワルシャワ蜂起博物館、ワジェンキ公園(ショ
パン・ピアノ・コンサート)、ホテル帰還・昼食、文化科学宮殿、ポーランド・ユ
ダヤ人歴史博物館、ツイタデラとなる。もちろん全てに入場入館し、じっくり見学
した訳ではない。2月に来た時に内部を見たものは外観の撮影で済ませた(その時
は雨模様でいい写真がない)。が、その際に訪問できず、今回、どうしても訪ねた
かったものがふたつある。
ひとつはワルシャワ蜂起博物館。ワルシャワ蜂起については本を読み、映画を見て
学んだ。が、その実際をここまで具体的に見、日本語の音声ガイド(10ズロチ)で
学ぶと、改めてワルシャワの人々、いやポーランド人の正義と自由を求める強い精
神に頭がさがる。
それはふたつ目の目的地ツインドラでも明快になった。間違えて軍事施設に行って
しまい、衛兵に銃を突きつけられ(大げさ!)そうになったが、彼に、ここに行き
たいのだと地球の歩き方を見せると「駐車場の角を右!」とウインクしながら教え
てくれた。しかしなかなか見つからない死の門。3人の女声グループに尋ねると、
英語を話す女性が他の2人と相談しながら門まで連れて来てくれた。実は彼女らも
ここには初めてらしかった。「沢山の名前が彫ってありますが…」というと「もっ
と沢山の人々が亡くなったのよ、自由のために戦って!」と答えた。私は日常会話
の中に「自由を求める戦い」などとう言葉を持たない。この国の人々はそんな生活
を送っているのだ…と改めて思った。
重かったが、充実した、いい一日だった。夕食は持参のアルファ米で済ませた。今
夜はビールも止めた。
明日は念願のヴィスワ川沿岸走行を行う。川に沿っての自転車道の雰囲気が分かっ
てきたので、走れる限り、川風を感じながらのチャリを楽しもうと思う。
※コペルニクス科学センターで見つけた遊具。10mほど離れて、この器具がもうひ
とつあり、一方で喋ると他方でよく聞こえる。守衛さんと遊んでみた。
DSCN1210.jpg 
※旧市街の人魚の像。こちらは改修中ではなく全身が見られた。
DSCN1229.jpg
※2月にもここに立っていたような記憶がある画家。
DSCN1236.jpg
※ステファン・カルディナルと碑文にあったが・・・雰囲気がいいので。
DSCN1242.jpg 
※聖十字架教会の入り口上の像。
DSCN1251.jpg
※ワルシャワ蜂起博物館。今日は日曜日で入場無料だった。そのためか、10時前に
着いたのだが入場を待つ人が列をなし、入場できたのは10:45だった。
DSCN1258.jpg
※その時間を一緒に過ごしてくれたのがアダムさん。偶然同じタイミングで列に
並んだ、何とサイクリスト!今回は電車で8時間(安い列車を乗り継ぐからと笑
っていた)があちこちを一人で旅しているらしい。来月はドナウ川方面に行く…
などを、Google翻訳を駆使しながら話してくれた。
DSCN1261.jpg
※博物館の中には地下トンネルの模型があった。10mも行かないと思うが、怖い。
DSCN1277.jpg
打って変わってワジェンキ公園は憩いの場。ピアノコンサートを楽しんだ。
DSCN1289.jpg
※文化科学宮殿展望台から、宮殿の影を眺めた。
DSCN1315.jpg
※ワルシャワ・ゲットー跡地はポーランド・ユダヤ人歴史博物館となり、その裏手に
記念碑が建てられている。たまたま20人あまりがその前に立ち、セレモニーらしきも
のを行い、その後にイスラエル国歌を歌った。きっと先人の冥福を祈りに来たのだろ
う。思わず、ヘルメットを脱いで撮影した。
DSCN1322.jpg
※ツイタデラ監獄要塞跡の死の門。異様な雰囲気が漂う。
DSCN1342.jpg
※そして、ヴィスワ川に沿って走りホテルへ。多くの人びとが思い思いの日曜を終え
ようとしていた。
DSCN1350.jpg

Comments

行き過ぎるだけでは感じられないその国その土に今を形作っている歴史があるんですね!
旅とはそれを少しでも感じることなんでしょうね・・・、とか云っちゃって!
体も自転車も無事にお帰りください
>枯木さん、
鈍行列車に乗って、ゆっくりがいいとつくづく思いました。
自転車もそれに近いですね。いい趣味が得られたと感謝です。
残された今日いち日、安全運転で楽しんで帰ります。

ルート、分かりましたか?
あらいぐまさんの、どこへでも飛び込んでいくバイタリティー すごぉ~い

それだから、あっちこっちの国に知り合いが出来 旅の深さが増すんですね!

もうちょこっとの旅、気ぃ~つけてチョ~だい

pikoさん、
最終日の今日は、のんびり散歩。今、カフェでまったり中。午後には自転車をパックして、帰国準備です。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。