FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

団塊あらいぐまの自転車 世界&日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまが自転車で世界&日本一周を目指します。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 ●海外サイクリングランキングにも参加しました。 にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: 松山~しまなみ海道~岡山 20170630~0702

Tags: ---

Comment: 2  

20170630 松山~しまなみ海道~尾道
取材先が高知県と聞いた時、日程が許せば自転車を持っていこう!しまなみ海道を
走ろう!という夢が生まれた。そして、仕事が終わった後、3日間を完全なオフに
できることになり、今回のロングライドは実現した。

まず、自転車はクライアントと別れる松山市の宿泊先に送った。サイクル宅配便で
3507円は安くて、便利だ。が、実はここで小さなトラブルがあたのだ。私が宿泊先
へ着いたのは29日午後5時。自転車は「29日宿泊予定のあらいぐま」宛に、29日午
前必着で送り出してあったのだが、まだ到着していない。面倒なアナウンスの電話
問い合わせ窓口に尋ねるもラチがあかず、結局、三回目の問い合わせで、午後6時
半ころに届けるという返事。待っていられないので、宿泊先の自転車を借りて、初め
ての道後温泉へ行く。コンクリート製の深い湯船はカラダの座りが悪かったが「坊っ
ちゃんは泳がないでください」の看板に和ませてもらった。そして、戻れば自転車が
着いていた。フロントに訊けばたいへん恐縮していたらしい。立ち会えばきっと罵倒
していたかも知れず、温泉行きは正解だと思った。すぐに組み立てて、問題なし!近
くの定食屋でイカフライ定食とビールで鋭気を養って夢の中へ。
※これは昨晩、高知市内で食べたかつおのたたき。でっかくて大満足!
20170630しまなみ海道009 
※道後温泉本館。坊っちゃんもこの湯に入ったのだな…と感慨ひとしお。
20170630しまなみ海道014

朝6時。目覚めると外は弱い雨だった。3時間予報では6時までは笠マーク。その後
は曇りマーク。そして朝食。用意されているのはパンなのだが、フロントのお兄さん
が『無料でうどんにも替えられますよ』とのありがたいお言葉。これでエネルギーの
充填は万全だ!※他のお客さんに「うどんが」の声掛けはなかったから、あれは私だ
けへのサービスだったのだな。到着しない悶々を見ていたので気を使ってくれたのだ
ろう。ありがたや!

7:45出発。国道196号線を海岸方面へ向かう。通勤通学の時間帯とあって、自転車は
多い。ちょっぴり親近感を覚えながら走っていると、突然の本降り!慌てて、20メー
トル先のビルの駐車場に逃げ込んだ。クルマで通勤してくる社員の方も事情を理解し
てか笑顔で会釈。することもなく道路を眺めていると、やってくるチャリダーは皆、
しっかりとレインウエアに身を包み、悠然とした走り。…ああ、こんな天候に慣れて
いるのだなあと感心した。

約30分を経過して再出発。念のためとレインウエアは着たまま走ったら、暑いっ!
何処かで脱ごうかこのままかと思案している暇もなく再びの本降り。逃げ込んだの
はパチンコ店ダイナムだった。ここの大きな駐輪場にはベンチもあり、待避には完
璧だ。ここで初めて知った。土曜日の午前10時過ぎ、もう沢山の客が来ていること
を。そして、母と娘、作業着のおっちゃん、学生風…など、客がバラエティに富ん
でいることも。そしてここでも約30分。今度はレインウエアは脱いで再々出発。
※2度めの雨宿りはパチンコ店の前。
20170630しまなみ海道036 
が、雨は意地悪。ささやかな期待はあっさりと裏切られ、サークルKで3回目の雨
宿りとなった。この先、予定変更が必要かも…覚悟を決めてあたたかいコーヒーを
飲んでいると、目の前がどんどんガスってきた。おっ、すごい霧だ!と思ったが、
霧は天候の変わる兆候だと思い直していると、店のおねえさんが「ああ、晴れるね!
暑くなるよ!」とありがたいご託宣。まさにその通り。あの雨はどこへやら、以降
のはずっとピーカンの暑さに悩まされることになった。
※ルートにはずっとブルーラインが引いてあり、これをたどれば間違うこともない。
これは前回はなかったもので、親切なものと感心した。
20170630しまなみ海道026 
※まるで墨絵のような・・・
20170630しまなみ海道083

さて、予定を大幅に過ぎて12時過ぎ、しまなみ海道の今治側のスタート地点来島
海峡大橋にとっついた。ループをくるくると回りながら高速道路の側道へ出る。こ
れが自転車のためのしまなみ海道だ。次の島に着くと自転車は島に降りる。そして
島を走って次の橋に着くとまた昇る。高速側道を走り、次の島でまた降りる。この
昇降を6回繰り返して最後の向島に着くと、そこからはフェリーで尾道港へ渡る。
港から約300メートルが尾道駅で、ここが尾道側のスタート地点となっている。私
が到着したのは午後6時半。走行メーターは129キロを指していた。
※来島海峡大橋に到着。さあ、しまなみ海道だ!
20170630しまなみ海道048 
※この造形美を見よ!
 20170630しまなみ海道059
※怪獣だっているんだ!
20170630しまなみ海道065
※瓦の産地にはこんな門柱が。
20170630しまなみ海道043 
※昼飯は鯛めしのおにぎり。3個買ったのだが、大きくて1個しか食べられず。
20170630しまなみ海道062 
※そして尾道駅に到着。
20170630しまなみ海道077

実は今日はバクチでもあった。
久しぶりのツーリングで120キロ強を走りきれるか?自信は半々。だが、過去、
2回ほど訪れているしまなみ海道を始点から終点まで一気に走りきりたい!と
いう邪な思いがあったのだ。1回めは今治から生口島。翌日が雪になってしま
ったのでその回は生口島から三原へフェリーで逃げた。2度めは広島方面から
生口島へフェリーで渡り、因島から鞆の浦方面へ渡船した。そのため、厳密に
はしまなみ海道を走破していなかったので、今回こそ!と狙ったわけ。どの島
にも宿泊施設はたくさんあると知っていたからこそ思い立てた計画だった。
でも、走り終えて実に満足している。50、60キロ地点あたりで脚の筋肉が痛く
なり、これはまずいゾと思ったこともあったが、100キロを過ぎたあたりから
は俄然調子良くなり、ルンルンで走ったのもいい思い出である。
ホテルに入り、シャワーを浴びたら恒例のビールだ。これはいつもの通りに美
味かった!が、初の尾道ら~めんは・・・しつこくて、一度も食べぬ○○で、
もうノーサンキューである。テレビでは広島カープの勝利の映像が何度となく
繰り返し放映されていた。フン、と小さく咳払いし、寝た!明日は、尾道を観
光して倉敷へ向かう。

  

Comments

おつかれぇ~
待ってましたぁ~天候不順の中、お疲れさまでした。

2010年暮れ、冬嵐でカミナリや横殴りの冷たい雨で走った事を思い出しました
行ってきました~!

何度行っても、いいね~!しまなみ海道。
わしの前回も2010年だったけど、その時はブルーラインはなく
何度もルートを間違えた。誰かが塗ってくれたんやね、ありがとう!

やっぱり、チャリは最高や~!!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。