FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

団塊あらいぐまの自転車 世界&日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまが自転車で世界&日本一周を目指します。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 ●海外サイクリングランキングにも参加しました。 にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: サイクル日記

Tags: ---

Comment: 0  

飯山をポタリング 20170819~20
飯山へ行く際、何度かクルマにチャリを積み込んだのだけれど、なかなか走らせる
機会に恵まれなかったが、今回は1日だけだけれど走ることができたので、ちょっ
と季節外れになってしまったが簡単にレポートを!
8月19日。午後2時に始まる講演を聴こうと早朝に家を出たのだが、途中、集中豪
雨にあったりして順調に走れず、講演に間に合わなかった。ので、美術館や人形館、
ふるさと館などを巡り、挨拶をして回った。美術館で開催されていた「正受老人と
白隠禅師」の展示会は素晴らしかった。
その後、映画「阿弥陀堂だより」の撮影地をいくつか巡り、いつもお世話になって
いる地元の友人(と、私は勝手に呼んでいる)と会食。阿弥陀堂だよりや正受老人
の思索などについて語りあい、ホテルへ。
※菜の花公園から千曲川を望む。菜の花の季節は終わり、今は連作障害を防ぐため
にひまわりが植えられていた。
DSC02246.jpg 
※木立の中、ひっそりとたたずむ阿弥陀堂。
DSC02254.jpg
※阿弥陀堂は福島の棚田の上段にあり、遠く、千曲川を見通せる。
DSC02263.jpg
※阿弥陀堂の周辺には沢山の石仏が並んでいる。
DSC02268.jpg
※市内へ戻って正受庵。まもなく素晴らしい紅葉の季節を迎える。
DSC02282.jpg
※座禅堂が開け放たれていたのでパチリ。凛とした雰囲気が漂う。
DSC02276.jpg

20日。目覚めて窓を開けると細かな雨。また、チャリはあきらめるのか・・・と
ちょっとブルーな気分で飯山城跡へ登ってみた。城は跡かたもないが、葵の紋を
掲げた神社があり、かっては重要な城であったことを思わせる。
ブルーなまま道の駅千曲川へ移動し、朝食。意を決してチャリを敢行することに
し、まず、蓮(はちす)駅へ向かう。飯山の友人がここから見事な高社山を撮影
していたので、それにあやかろう・・・と。が、着いてみれば山は雲の中。ああ、
自然には逆らえぬ!
※飯山城跡から千曲川を望む。
DSC02314.jpg 
※蓮駅から高社山。頂上は雲の中。残念!
DSC02323.jpg 
※蓮駅。これを「はちす」とは読めない。替佐駅は高野辰之の生家に近い駅だ。
DSC02327.jpg 
※鮮やかなオレンジ色の屋根が印象的なお寺には踏切を越えて行く。
DSC02325.jpg 

さて、市内方向へハンドルを切り、千曲川の反対側を走る。ぶらり旅の特権は
いつでも途中下車できること。そのいくつかを紹介すると・・・
※野球帽をかぶった地蔵さん。
DSC02339.jpg 
※そして千曲川の先に飯山シャンツェという珍しい光景にも出遭う。
DSC02341.jpg

さて。ここからはまた「阿弥陀堂だより」撮影地巡りだ。まずは「神戸の大イ
チョウ」まだ青々としているが、これが黄金色に染まり、一夜にして落ちると…
大雪になるらしい。
※中央の大木が大イチョウ。鳥居で大きさを推測してほしい。
DSC02346.jpg 
※美智子先生の診療所は現在、老人ホームか?
DSC02349.jpg 
※小菅神社里宮。ここの神楽殿で孝夫が舞った。
DSC02350.jpg 
※おりしも、飯山を自転車で楽しもうというプロモーションの撮影をやっていた。
実は、彼らは車で移動。私は押して押して押し上げた。実は道路は厳しい。
DSC02355.jpg 
※ここが奥社への参道入り口。約1.2キロ。いつかは踏破したいと思っている。
DSC02362.jpg 
※奥社入り口にある浅葉野庵。紅葉の名所でもある。
DSC02370.jpg 
※食べ始めてから気づいた写真で申し訳ないが、美味!!
DSC02367.jpg 
※そして北竜湖を巡り、国道117号線へ出て帰路へ。この棚田も間もなく黄金色
に染まるのだろう。
DSC02382.jpg 
心配した雨はなく、暑いくらいの一日だった。およそ40キロのポタリングであ
ったが、念願あかなって嬉しく、楽しかった。かって訪れていたところばかり
なのだが、今まで点であったものが線で結ばれたような気がする。そして、こ
の決して大きくはない小宇宙がとても身近なものになったようにも思う。

※番外編。栄村の六地蔵。盆に新しい衣装に替えてもらったのだろうか?相変わ
らずしっかりと村の監視を続けていた。
DSC02389.jpg 



Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。