FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

団塊あらいぐまの自転車 世界&日本一周挑戦記


プロフィール

あらいぐま

Author:あらいぐま
団塊あらいぐまが自転車で世界&日本一周を目指します。

フリーエリア
●メールは・・・こちらから ●ランキング参加中。ポチッをひとつ! にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村 ●海外サイクリングランキングにも参加しました。 にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: Berlin-Gdanks-Vilnius 2018.6.13~7.4

Tags: ---

Comment: 4  

2018.6.19 コウブジェクからダルウォボへ von Kolobrzeg nach Darlowo
※ひゃんこ発見!水を買いに行ったホテル近くの店頭で。
DSC06225.jpg 
※がしかし、出発時の空はこんな具合。今日は雨か・・・・・?
DSC06226.jpg 

 さて、今日も北海沿いを走るのだが、その様子は、砂浜がずっと見えている日本の
九十九里浜あたり、または断崖絶壁のポルトガルの西海岸あたりと予想していた。が、
結果はどちらも違い、海を見ることの本当に少ない海岸線だった。もちろん、北海沿
岸とは数カ国にまたがる長い海岸なので全てがとは言えないが、少なこともポーラン
ドの北海沿岸はそうである。つまり、海岸は砂浜なのだが、その内側には防風林があ
り、これは自然公園や自然保護林になっていて人間の立ち入り禁止である。防風林の
内側には自転車道があり、民家はその内側、乗用車も自転車道を越えては走れない。
時々、防風林を切り裂いたような細い道路があり、海岸を目指す人々はここを歩いて
行く。沢山の人々が訪れる通路には土産物屋が出ていたりする。という具合で、北海
を見ながら走るという夢は叶わないことが分かった。しかし、海岸線のあるべき姿の
ひとつの形が見えたし、もうひとつの期待、北海からの風を追い風として走るという
期待は存分に発揮されている。今日もほとんどの区間、追い風で走った。
※海岸はこんな具合。
DSC06239.jpg 

 肝心の道路だが、自転車道あり、一般道の脇道あり…で完璧な1本道ではない。加
えてあちこちで工事が行われており、なかなかスムーズに走れない。時には森林の中
の砂利道を走ることを要求され、こんな時は細いタイヤを呪いたくなる。そしてこの
道路のあちこちで「A10」という看板を見かけたのだが、これは欧州各国が連携して
自転車周遊道路を作ろうという計画があり、ポーランドではこのあたりの区間がそれ
に当たるのだそうだ、だから工事はこの週末から始まる本格バカンスに備える要素も
あり急ピッチなのだそうだ。
※道路百態。本当の自然愛好家のための道…という印象だ。
DSC06244.jpg 

DSC06231.jpg

DSC06230.jpg

DSC06236.jpg
※ここは橋を建築中。
DSC06237.jpg

 それを教えてくれたのは、途中、スカイサーフィンをやっている湖があり、写真を
撮ろうと停まったらそこに13歳の息子と父親という家族がおり、シャッターを押して
くれという会話から、今日のゴールであるダルウォボまで一緒に走ることになった父
親からだった。理由は正確には分からなかったが、学校が終わるのを待たずにこの2
人は自転車の旅に出て今日が5日目。西から東へと言う私と同じ方向を目指して走っ
ている。息子は引っ込み思案のような印象だったので、積極的に話しかけてみたら乗
ってきて、ワールドカップの話、フォークソングやショパンに話…などで盛り上がっ
た。そんな時、父親はずっと後方で地図を眺めてルート案内、いわゆるナビを演じて
いた、ひょっとして彼の前向きを引き出すキッカケになれたならとても嬉しい。いや、
あるいは、全然そんな心配はないのかも知れないが・・・。13歳の少年には18歳と4
歳の兄弟がいる。男ばかり3人なので、「実は、私の娘も男3人なんだよ」と言うと
「じゃ、おじいちゃんなんですね」と笑った。こんな共通点も初対面には嬉しい話題
になる。
※素敵な父子にあえてラッキー!サッカーはどこで見たおだろう?負けたが・・・。
DSC06267.jpg 
※パブリックヴューイング会場はホイッスル前から大盛り上がり!
DSC06269.jpg 

 おそらく最後の25キロくらいをその父親に案内してもらったおかげで、迷いもせず、
順調にゴールのペンションに着いたが、今日はもうひとり、親切に道案内をしてくれ
たチャリダーがいた。最近、気づいたのだが、道を訊くにはチャリダーに限る。たは
りチャリダー同士、通ずるものがあるのだろう、言葉は分からなくとも、質問の意図
をよく理解してくれる。彼には、確認の意味で道を尋ねた。すると「そうだ。分かっ
ているようだが案内しよう。付いてこい」と言って走り出した。慌てて付いて行くと
横に並び「どこからだ?なに、日本!わしは織物関係の仕事をしていて日本に縁があ
る。ブラザーも取り扱っているよ。実は娘が彼女の主人と3ヶ月もの長い日本旅行を
したんだ。素晴らしい経験だったと言ってる」というようなことを話し、「わしもい
つかは日本に行きたいと思っとる」というので私の名刺を渡し「その時はここに連絡
をしてね」と言って別れた。ブログのアドレスを見て「おー、見よう」と言っていた
からまた読者がひとり増えるかも知れない。
※参考までに、今日の昼食と夕食。野菜たっぷりどころか、ベジタリアンだね、これでは!でも、毎日、こんなものだ。上が昼、下がよる。
IMG_20180619_121356.jpg IMG_20180619_172707.jpg

 さて、早めにペンションに入り、まず、日本への連絡を済ませていると「日本が
勝っている」とのLINEが入った。テレビを点けたが放映していないので日刊スポー
ツのサイトで確認していたが、結局、家族が勝利を教えてくれた。すごいぞ、日本!
その後、夕食をすべく自転車で1キロほど先の中心街まででかけたが、中央広場と
いった趣の広場に大型スクリーンが設置され、ポーランド対セネガルのパブリック
ヴューイングが行われていた。先程の父子もどこかのレストランで応援すると言っ
ていたが、初戦をまえに大いに盛り上がっていた。もうビール瓶片手の若者もいて、
負けた場合の安全を考えてそこを通過し、町外れのケバブーで夕食とした。もちろ
んビールは美味かった!帰宅してネットを見ればポーランドは敗戦。一昨日のドイ
ツといい、私の縁ある国は皆、負けている。勝った日本を逆恨みしてはいけないよ!
※今日の行程。どこかが分かりやすいよう、拡大地図も掲載します。
20180619.jpg 
※ポーランドの北西部で北海に面したところ・・・です。
20180619wide.jpg
●今日の走行距離 80.58km
●走行時間 4時間56分




Comments

すばらしい出会いの連ちゃん、あらいぐまさんの独語会話力と
積極さがあればこそですね!   うらやましい限りです
まだまだ、旅は始まったばかり  
この先素敵な出会いがたっぷりある気がします
ガンバ あらいぐまさん
いや~、pikoさん、楽しいよ~!!

とにかく天気がいいのが最高!今日も晴天で暑いくらいやった!
基本、一人旅は出会いがないんやけど、今日は可愛い3人の女神とあったぜ~!
>今日は可愛い3人の女神とあったぜ~!

ぬっぬっ お孫さんくらいの女神

折鶴、おってあげた!
折り鶴は、折ってあるのをあげました!
だって、道路っぱただもん!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。